グロースハックとパワーユーザの憂鬱

Spotifyが先日リニューアルしたのだが、公式フォーラムには使いづらくなったと不評の書き込みが集まっている。いわく、トラックを簡単にお気に入りできなくなった、フォントが大きくなって一覧性が落ちた、などなど。

リニューアルやバージョンアップに合わせて、機能が削られ、情報量の少ないデザインになり、その結果パワーユーザから批判が集まるという事例が、Spotifyに限らずこのところ増えている。また、単純に見える機能が、長く切望されているのになかなか搭載されないということも増えているように思う。

なぜか。今日の開発者は、ユーザがウェブサービスやアプリをどのように利用しているか、把握することが容易になった。グロースハックなどと持て囃されているが、ユーザを増やし、増えたユーザがどの機能を必要としているか、定量的に見ることは今日当たり前になってきている。

すると開発者は気付く。多くのユーザは、あれこれの機能をほとんど利用していないと。大半のユーザは最小の機能を最低限に利用するだけで、設定を自分好みに書き換えたり、複数の機能を組み合わせて使い勝手を追及したりしないと。

自然と開発者は新しい機能を加えることに否定的になる。むしろ複雑な機能を減らし、設定を削ぎ落して、新しいユーザに分かりやすくすることが、ユーザグロースに繋がるようになる。

ネット以前のソフトウェア開発では、これとはちょうど反対のことが起きていた。かつて、開発者に届くフィードバックは、パワーユーザの声ばかりであった。より便利にするため、この機能を増やして欲しい、この設定を加えて欲しい、という声だ。

そうしてソフトウェアは複雑になり、新しいユーザを遠ざけた。

今日、アプリやサービスの行く先を決めるのは、声を持たぬ平均的ユーザのサイレントマジョリティである。平均的ユーザは気の効いたショートカットなど望まない。平均的ユーザは画面が情報だらけになることを嫌う。そしてアプリやサービスはそのように最適化される。パワーユーザの敗北である。

しかしパワーユーザは声を上げる。パワーユーザは(私の嫌いな言葉だが)インフルエンサーでもある。平均的ユーザに最適化し、パワーユーザの声を無視することは良いことなのだろうか。

両者のバランスをとれば良い、という結論を言うのは簡単だが、その塩梅を見つけるのは簡単ではないだろう。平均的ユーザがパワーユーザにならないのであれば、パワーユーザを平均的ユーザの枠にどう押し込むかが重要になるのかもしれない。

20 リアクション


KIT (Kid Is Toy)

(すみません、いったん削除し、改めて公開の方法を考えます

16 リアクション


翻訳:夢の仕事をやめるということ

"I wanted to work at Apple really bad, and now not so much.
 - Walking out on my dream job.” というアップルを一月で辞めた人の記事を勝手に翻訳したので掲載します。

もともとは別のところで翻訳を見つけた知った記事なのですが、これがそう明記されていないにも関わらず抄訳になっており、また意訳が多くて原文が持っていたニュアンスがかなり失われて「人気企業に入ったけど大変でした」で終わっているため、ちゃんと全訳すべきではないかと思った次第です。

あらかじめ断ると、私は(本人も自覚している通り)この著者の態度が良いものだったとは思いません。それでも、働くということについて、幾つかの示唆が含まれる文章だと思いました。


アップルで滅茶苦茶働きたかったけど、今はそうじゃない
夢の仕事をやめるということ

何年ものあいだ、様々な業界でデザインを手がけたり、取るに足らないクライアントのウェブサイトを作ったり、失敗した、あるいは際どく成功したスタートアップで働いたり、雑多なサイドプロジェクトに手を出したりしたあと、一月前にアップルから面接の申し出があった。信じられなかった。ちょうど自分のポートフォリオを完全に書き直したところで、実際アップルにも志願できるくらいじゃないかと思っていたところだったからだ。僕にとってアップルは、断然、デザイナーが働きたい場所として最も価値ある企業なのだ。

面接の日が決まって、僕はデザインチームの前でホワイトボードに書いて説明することになるであろう、様々な質問やデザインに関する厳しい問題に対する準備をはじめた。あれだけの大企業なのだから、決定まで面接は何回も行われるだろうとも思ってた。だから面接が三人とだけで、一時間もかからず、内容自体もごく標準的だったのは、嬉しい驚きだった。クパチーノからサンフランシスコまで車で戻るあいだ、僕は面接のことを頭の中で思い返していた。うまくいったと思うけど、先走るのはやめとこう。不合格だったときに落胆したくないから。

結果は合格だった。その日のうちに電話をもらって、かなり良かったよと言ってもらった。僕がもらえる仕事は、モバイルデザイナーの契約社員というポジションだった。やった! 僕は電話を切るなり有頂天になって声をあげた。話を聞かせると、両親や家族も大興奮だった。Facebookに投稿したら、これまでに見たことないほど沢山の「いいね!」とおめでとうコメントがついた。アップルで仕事をもらったと発表したときのほうが、娘が生まれたときよりも「いいね!」がついたのだ。何年も前に「友達」になって、それから何も話をしてこなかった人からメッセージが来た。Twitterのプロフィールを変えたら、一週間前にはしなかったような人たちが急に僕をフォローしはじめた。みんなが僕のことをものすごく盛り立ててくれるので、僕は一晩飲みに出て祝うことにし、それは最高の集まりになった。僕が成し遂げたことについて、一緒に祝ってくれる人がいるというのはとても素晴らしいことだった。

仕事がはじまる日まで、夜はあまり眠れなかった。神経質になってたし、興奮もしていた。アップルから仕事をもらうことは、デザイナーとしての才能の証明になるように感じた。自分をアップルへと導いた、長く、不思議な旅のことを思った。僕は思った。「これは僕のキャリアにとってどういう意味を持つのだろう? 僕は何に取り組むんだろう? 僕はどこへと行くのだろう? 個人的にはじめたiPhoneアプリを完成させることはできるんだろうか?」たくさんの問いがあった。

そして仕事がはじまった。拘束時間と長い通勤にはすぐに辟易したが、少なくともWiFi付きのプライベートバスでサンフランシスコへ行ったり来たりする悪名高いテック企業人の一人にはなれた(特にバスには惹かれていた。なぜなら、僕はサンフランシスコで育ち、このテックブームによる文化的・経済的な変化を見てきたからだ。今や皮肉にも、街を駄目にしていると言われるテッキーの一人に僕がなったわけだ)。勤務時間に融通が効かないせいで、僕はほとんど(ほとんどというのは、全く)娘に会えなくなった。僕はまた、かなり収入を減らすことにもなったが、これほど名高い企業で働くことによる、長期的なキャリア投資をしているのだと思うことにした。入社研修はバタバタしたもので、パスワードにアカウント、ログイン名がやたらとあって、サーバーにアクセスできるようになるまで一月くらいかかった。ミーティングは一日中あり、みんなの生産性をぶち壊していたが、これほどの大企業で最高品質の製品を作るための必要悪なのだとみんなは捉えていた。こうしたことは煩わしかったけれど、長期的に考えれば大きな問題となるようものはなにもなかったと思う。

そうして僕の直接の上司(アップルではプロデューサと呼ばれる)、自分より下の人間に対して冗談めかせて個人的な侮辱をする癖のある人が、僕を直接的に、間接的に、侮辱するようになってきた。彼は、僕があれをしたり、これをしなかったりすると、契約は更新されないのだと思い出させた。彼はディルバートに出てきた上司のように、僕の背中に(文字通り)覆いかぶさって、彼が至急確認する必要があるという、ありふれたデザインの作業を完成させるようプレッシャーをかけた。彼は誰に対しても人を見下すような、下品な発言をしたが、それが僕達のチームメンバーに向けられてもいい気分はしなかった。世界で最も偉大なテック企業で働くプロフェッショナルというよりは、下らない小売店で働くティーンエイジャーのような気分だった。

耐え抜こうとしたし、明るい面を見ようともした。僕はアップルで、世界最高のデザイナーと世界最高の商品に取り組んでいるのだ。同僚たちはデザインに対して素晴らしい視点を持っていて、僕がこれまでに出会った誰よりも優秀だった。僕は、アップルがデザインの過程で細部にかける注意力が好きだった。すべての1ピクセル、スクリーン、機能、インタラクションが、熟考され、そして再考されていた。カフェでのごはんは素晴らしく、自分のiPad Airも好きだった。しかし上司からの冗談、侮辱、否定的な態度が、仕事を片付けようという僕の気持ちを乱した。立ち向かい、一線を引こうとした同僚たちは、クソみたいな結果に終わることになるようで、プロデューサのケツにキスをするような仲間グループから外された。僕は、金曜の夜の訪れを切望する人間になりつつあり、日曜の夜を恐れた。友達や家族は、アップルで働くのが実際はあまり楽しくないという話を聞きたがらなかった。彼らは「履歴書のためだけにもなるよ」とか「もっと大きな人間にならないと」とか「はじめたばかりじゃないか。まだ辞められないだろ」とか言いたがるのだ。

今朝、僕はいつもより遅く起きて、家の近くに止まるアップルのバスを乗り過した。会社までの渋滞を運転することになった。僕は毎日自分で運転する必要がないことに感謝した。しかし一方で、アップルで働くまえに時々していたように、娘を幼稚園に連れて行けたらなとも思っていた。職場につくなり会議に入った。それは問題なく終わり、自分の机と戻った。挨拶もなしに、上司が僕を小突いて、うまく冗談に仕立てた奇妙で侮辱的な言葉を投げかけてきた。僕は無視して仕事に戻ろうとして、自分の仕事にまったく集中できなくないことに気付いた。この状況をどう乗り切るかという考えに捉われすぎてしまっているのだ。もっと集中すべきなのだろうか? 契約を終わらせるべきなのだろうか? 他のチームに移ることはできるのだろうか? クパチーノで行き詰まったら、どうやって新しい仕事を見つければいいのだろう? もしかすると役立たずの上司の鼻を殴ってやるべきだったのかもしれない。いや、それはするな、ジョーダン。

それで昼食時、僕はiPadをデータを消して、取り組んできた仕事のファイルをサーバー上へ整理して、備品をすべて机に置き、自分の車に乗って家に戻った。上司には、あなたは僕の職務経歴で出会った中で最悪の上司で、アップルがどれだけ僕のレジュメを良く見てくれたとしてもあなたの下では働かない、とメッセージを残した。僕と契約していた人材会社は、僕がアップルとの関係を滅茶苦茶にした激怒して、もちろんながら会社を出ていくのはプロとしてあるまじき行為だと思っていた。僕自身、自分のしたことについてはまったく満足していないし、今回の面接まで繋げてくれたリクルーターとの長い関係をぶち壊したことにはぶざまな気持ちになった。これは、アップルで働くことにあれだけ興奮していたことを思うと、特に飲み込みがたいことだった。この決断が、これから僕を悩ませることになるのかどうかは分からないが、分かっているのは、アップルで滅茶苦茶働きたかったけど、今はそうじゃないということだ。

追記:僕は人事部に報告すべきだったと、多くの人が指摘してくれた。それが状況を改善してくれたかは議論の余地があるけれど、僕には誰か頼れる人がいるとは思えなかった。そもそも誰の下で働いているのか、不満を誰に伝えるべきなのか、僕には明確ではなかった。僕はある会社と契約していて、別の契約会社から給料を貰っていて、アップルで働いていた。書類上アップルに雇われているわけではないから、この日までアップルの人事担当とは一度も出会うことがなかった。また、すでに書いたように、僕の上司に反抗した同僚たちは、彼の仲間グループから追放されてしまうようだった。僕はそうした扱いになるのも避けたかった。それに僕は、その日その日を耐えて我慢しなければいけないのだと間違って思い込んでいた。だけど我慢の限界に達して、自分でも予想していない方法で会社を去ることになってしまったのだ。

PS. いまは新しいデザインの仕事を探している。いいものがあったら連絡して欲しい。

63 リアクション


スーパーボウル2014、勝者はT-Mobile

スーパーボウルはその年のNFL優勝チームを決定する全米最大のスポーツイベントですが、一方で大企業によるテレビコマーシャル博覧会としての側面もあります。

なにせ大量の視聴者がいるわけなので、放映料は超高額。名立たるブランドが趣向を凝らしたコマーシャルを流すなかで、どうやって視聴者を惹きつけられるか。成功すればものすごく話題になりますし、失敗すれば金をドブに捨てたと笑いものになるわけです。

というつまらない枕話は置いて、まずは今年のベストと言われるこのコマーシャルをごらんください。

なにが面白いのでしょうか。

まず、このコマーシャルでやたらと頑張っている人はティム・ティーボウ。元NFL選手で、ポジションは花形のクォーターバック。イケメンで勝負強く、(まあNFLに入るようなエリートはみんなそうですが)学生時代から人気の高い選手でした。

でした、と過去形で書いてしまいましたが、現役を引退したわけではありません。ただ契約がないだけ。浪人中です。皮肉にも今年スーパーボウルに出場したデンバーブロンコスで2010年にデビューし、2012年にニューヨークジェッツに移籍。しかしそこでは出番を得られず、一年で解雇されてしまい、プロの世界から丸一年遠ざかっています。

まだ26歳。スターと呼ばれるような選手でも、居場所がなければすぐクビというのがプロスポーツの恐ろしい世界です。

そんなティーボウに目を付けたのが、全米4番目のケータイキャリア、T-Mobile。規模ではVerizonとAT&Tの二強、あるいはソフトバンク傘下となったSprintよりさらに小さいのですが、なにを開き直ったのか、最近は脱キャリア(Un-carrier)を謳って、通話無制限、グローバルローミング定額、定額プランの利用パケット上限なしなど、シンプルな料金設定と分かりやすい契約形態をアピール材料に、昨年から評価を高めています。

というわけでティーボウがコマーシャル中、繰り返しアピールしているのが#nocotract(契約なし)。T-Mobileは何年縛りで違約金が幾ら、といった制約のない自社のプランを「契約なし」と表現しており、だからこそプロチームと契約のないティーボウを起用していたわけです。

もう一度動画を見てみましょう。

コマーシャルは「ティム・ティーボウだよ。みんな、俺が(NFLのチームと)契約したがってると思ってるけど、契約なしで今年は色々なことを成し遂げたんだ」という語りからはじまり、産婦人科医になってアメフト風に出産を手伝ったり、なぞの生き物にアメフト風タックルをかましたり、クォーターバックに不可欠と言われる精神力をチェスで鍛えたりしているわけです。

「契約があったらこんなこと出来ないだろ?」と言うティーボウの姿は強烈な自虐ですが、ティーボウの役者顔負けの演技に悲壮感はなく、清々しささえ感じます。その開き直りは絶えず買収が噂されるT-Mobileの置かれた状況と完璧に重なりますし、このコマーシャルを見届けた何千万人のアメフトファンとの親和性も完璧ならば、T-MoとT-Bowという語呂も完璧なわけです。

たとえば去年クビになったプロ野球選手が、日本シリーズ中のコマーシャルに出演し「クビになったけど楽しんでるよ」などと言うことがあるだろうかと思うと、ちょっと考えられないでしょう。

T-Mobileにとってみれば、うまい具合にティーボウが無職でいてくれたわけですが、そのネタをここまで昇華した素晴らしさは特筆に値しますし、今後何年も振り返られる渾身のネタとして記憶されるでしょう。

あとは、ティーボウの強がりが実を結び、来年はNFLの舞台に戻ってきてくれるといいのですが!

5 リアクション


ゲーム市場分析のテンプレート

(筆者と最新型ゲーム機、自宅にて)


数年前まで(ゲーム名)で世を席巻していた(ゲーム会社)が、いま苦境に立っている。すでに(巨大な赤字)となる下方修正が発表されているが、株価は今年最安値を更新して(かなり低い額)に留まっており、なにより打開策が見当たらない状況だ。このままではさらなる経営悪化も免れない。

この短期間でなにが変わってしまったのか。間違いないのは(新しいプラットフォーム)に乗り遅れたということである。(新しいプラットフォーム)ではすでに(新しいゲーム会社)(新しいゲーム)(他の新しいゲーム会社)(他の新しいゲーム)が大きな成功を収めており、これからのゲームの主流となる勢いだ。こうしたゲームに共通するのは、狭い意味でのゲーム好きだけではなく(カジュアルゲーマーかコアゲーマー)の支持を集めていることである。

思い返せば(苦境のゲーム会社)(かつては新しかったプラットフォーム)で成功をおさめた。しかしそれはあくまで(コアゲーマーかカジュアルゲーマー)の支持によるもので、肝心の(カジュアルゲーマーかコアゲーマー)には広がりを見せられなかったのではないか。こうした過去の成功体験が、結果的に(新しいプラットフォーム)への遅れに繋がったのだとすれば皮肉なことだ。このままではセガの二の舞となりかねない。

また、ゲームタイトル不足も深刻だ。(苦境のゲーム会社)(ファーストパーティかサードパーティ)中心にゲームタイトルを揃えているが、なにより必要な(サードパーティかファーストパーティ)タイトルは今も不十分である。プラットフォームを(クローズドかオープン)にする戦略が仇となった格好であり、すでに業界からは新規ゲームタイトルの見送りという声も聞かれる。

幸いにも(苦境のゲーム会社)には(人気ゲーム名)などのブランドがある。現行プラットフォームは早急に見切りをつけ、経営陣が(新しいプラットフォーム)の参入に大きく舵を取れば、自慢のブランドで(カジュアルゲーマーかコアゲーマー)を惹きつけることができるだろう。乗り遅れれば、(新しいゲーム会社)の時代がしばらく続くに違いない。

(特にエコノミストというわけでもないゲーム評論家)

71 リアクション